金色の獅子頭は1/13(月・祝)までお店にいます

こんにちは。よこたです。

 

3日の初売りからたくさんのお客様にご来店いただいて、すっごく嬉しかったです!

たくさんの可愛いお子様方、嫌がりながらも怖がりながらも金色の獅子に噛まれて下さってありがとうございます!

アイキャッチ画像は、ご家族でアップライトチェアを見にいらっしゃった男の子。

泣くことも怖がる様子もなく、平然とされていて漂う大物感!

それがもうたまらなく可愛かったです♡

なのでご両親にお願いして撮影させてもらいました。ありがとうございます!

お椅子が出来上がるのを楽しみに待っていて下さいね。

 

ところで、この金色の獅子頭ですが、なかなか好評につき、1/13(月)までお店にいてもらうことにしました。

ぜひ皆様、噛まれにいらして下さいませ。

 

 

 

 

さて、うちわでは新年早々、様々な案件の進捗状況・資料の確認で、店主と仲良く(?)ケンカから始まりました。

 

「店主として、年始の挨拶くらいブログでビシッと決めて下さいよ!」

「東京出張のレポート、ブログ書くとか言ってましたがどうなってますか?」

「ちゃんと優先順位つけてひとつひとつやって下さい。どれもこれも終わらないでしょ!」

「持ち出した資料はちゃんと所定の位置に戻して下さい。いつも無くて困る!」

「早くわたしに資料回して下さい!仕事進まない!」

「確定申告、今年こそ期日に間に合うようにして下さい!」

 

(実際はもっとキツイ口調なのです。ごめんなさい…。)

 

あれどうなった?これどうなってる?

あーしろこーしろ、本当は言いたくないんだけどな。

 

 

わたしは妖怪、名付けてあーしろこーしろなのかもしれません。

 

 

年末年始にかけて、スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」(の新しい完訳の方)を読んでいました。

定休日の昨日、読み終えました。

 

難しいかな?わたしに理解できるかな?と思ってこれまで読んでこなかったのです。

ですが、読んでよかった。

もっと若い頃に読んでおきたかった。いや、中年なお年頃だから逆に良かったのか。

人肌の白湯を飲むような感じで、すーっと言葉がからだに入っていきました。

熱いお湯はふーふーしなきゃ飲めないし、キンキンに冷たい水は知覚過敏だしおなか冷えるしあんまり飲みたくないんです。

ま、とにかく適温でごくごく飲めたのでした。

(ちょっと、何言ってるか全然わかんない…。)

 

これまでの生き方と照らし合わせてみたり、これからの生き方を想像しながら読み進めました。

わたしが心から知りたかったこと、おぼろげながら感じてはいたことを確信できました。

自分の至らないところをありのまま受け止めて、その上でこうしよう、こうあろうと思いました。

ですが、これはすぐにできるたぐいのものではありません。

よわいはいっちょまえにくってますが、未熟でもろい人間、すぐに振り出しに戻ってしまうでしょう。

現に今日も妖怪・あーしろこーしろに化けたし。

自分の至らないところ棚に上げてばかり、もう朝からうんざり。

まぁでも日々、愚直に軌道修正を繰り返しながら泥臭くとも懸命に生きていきましょう。

 

 

今日、店主が外壁をきれいにするとがんばっています。

古く傷んだところを削って、塗りなおすのだそうです。

そう言えばずいぶん前に塗料買っていましたもんね。

すっかり忘れたものだと思っていた。

だからわたし、あえて電子レンジの近く(「なんでここにあるんだ?」と違和感あるから気づくでしょ。)に置いておいた。

「ちゃんとヘルメット被って!」

あ、またあーしろこーしろ発動してしまった!

でも、これは言うべきでしょ。だって、落ちたら危ないもん。頭が…。(皆まで言うな!)

 

「ありがとう、よこたさん。」と、この時言ってくれました。

「オレもね、変わろうと思っとるんやよ。」だそうです。よくわかりました。

 

先祖代々受け継いだこのお店、国沢は六代目店主として日々苦悩しながらもがんばっています。

ちゃんとそこはわかっています。

国沢にも「7つの習慣」読んでもらいたいけれど、そんな時間はないよなぁ…。

 

 

それでは。