はっぴーママ富山版・夏号発行!

こんにちは。

アラフォーの女子芸大生、スタッフのよこたです。

 

先月からスタートした社会人と芸大生の二足のわらじ生活。

勉強時間の捻出や、金銭的なことなど、厳しいこともありますが。

すっごく楽しい!のです。

建築・インテリア・プロダクト・グラフィックなど、幅広くデザインを学んでいます。

常識でカチカチになっている思考をほぐしてくれるし、知らなかったことを知る・気づかなかったことに気づく・できなかったことができる、そういうことが面白くて仕方ないのです。

先日、初めてのスクーリングに大学へ行ってきましたが、いろんな年代・経歴・職業の方がいらして、プライベートな話をしたり、学食でランチしたり、グループで課題を仕上げて発表したり、他のグループの発表を聞いたり、とても刺激的な時間でした。

 

休日は、自宅書斎で勉強することが多いのですが、天気の良い日にはスケッチブックを持ってフィールドワークへ出かけたりします。

若かりし頃の大学生活は、文学部英米文学科ということもあり、フィールドワークはありませんでした。

だから、新鮮!

この前は立山町芦峅寺の「まんだら遊苑」へ出かけました。

大学生なので、学生証を提示すると無料なのです。ありがたや。

まんだら遊苑は、立山信仰を絵図にした立山曼荼羅の世界観を五感で体験できるスポットです。

特に印象に残っているのが地獄の世界。

三途の川?を渡り、閻魔堂という建物に進むのですが…。

閻魔堂の内部空間の造形、色彩、音、光、香りで、ゾクゾクと恐怖というか畏怖を感じるのです。

閻魔様や鬼の姿を見ることができないのですが、五感で刺激された想像力で、すぐそこにいるような感覚になるのです。

怖いけど面白かった!

私のライフワークは「五感で快適なインテリア(空間)の探求」です。

五感で恐怖や畏怖を感じる空間とは全く真逆のなのですが、気づきがたくさんありました。

五感と想像、心理ついてもっと知りたいと思ったのでした。

ちなみにこれは針山のようです。

まんだら遊苑は、面白い仕掛けや演出が他にもたくさんありますので、興味のある方はぜひ、実際に行ってご体感下さいませ。

 

さて、長いプライベートな話の後は本題へ。

昨日は「はっぴーママ富山版・夏号」の発行日でした!

今回もアップライトチェアをご紹介させていただきましたよ。

夏らしく、さわやかな表紙ですね☆

 

当店では、アップライトチェアをお使いいただくベストなタイミングは離乳食からだと考えています。

アップライトチェアを使うと、ご家族皆さまで同じテーブルを囲めます。

良い姿勢で、しっかり噛んで、おいしく食べる。

お子さまは一緒にごはんを食べるご家族の様子からいろいろ学ぶのだと思うのです。

 

可愛いご愛用者さまのお写真とご感想も掲載させていただきました!

アップライトチェアに座って、ニコニコ、嬉しそうな楽しそうな表情でお食事されていますね♪

そんな表情を眺めているだけで、元気がもらえます!

 

はっぴーママ富山版は県内保育園や幼稚園、子育て支援センターや、レディースクリニック、小児科・歯科医院などで入手できるそうです。

今回からすべて無料となりました。

当店でもご用意しておりますので、ご来店いただいたお客さまでご希望の方にはお渡しできますよ。

大切なお子さまの椅子選びにお悩みの皆さまの参考になればうれしいです。

 

ご協力下さったご家族の皆さま、ありがとうございました!